家計・税金・保険:住宅ローン減税延長?(08.08.01)

毎朝、起床後にまずするのが自宅に届く朝日新聞を見ることです。 子供の時から、新聞は裏から読む癖がついており、 今日も、さてとと裏にひっくり返そうとしたら、一面に “住宅ローン減税継続を検討 政府、需要低迷続き景気配慮” という見出しが掲載され、思わず、いつもの習慣を破り、 記事詳細を読んでしまいました。

記事の詳細は以下の通りです。

 財務省と国土交通省は、今年末に期限を迎える住宅ローン減税を、  来年以降も継続する検討に入った。住宅需要の低迷が続くなか、  減税を打ち切ると景気に悪い影響を与えかねないと判断した。  今後、減税の規模や適用条件などを詰める。  今年末の税制改正の焦点になりそうだ。

 住宅ローン減税は99年、当時の小渕政権が景気対策として大幅に拡充した。  当初は15年間で最大587万5千円が税額控除されるという大規模なものだったが、  04年度税制改正で、段階的な縮小と08年末の打ち切りが決まった。

 しかし、建築確認を厳格化した改正建築基準法の施行直後の昨年7月から今年6月まで、  新設住宅着工戸数は12カ月連続で前年割れに陥った。  住宅着工の落ち込みは07年度の実質国内総生産(GDP)を0.4%押し下げた。

 業界団体によると住宅購入者の7割強が20~30歳の子育て世代で、  購入者の半分の世帯年収は600万円未満。  現状では、ほとんどが住宅ローン減税を活用している。

 景気の「後退局面入り」も指摘されるなか、国交省は減税が住宅購入を下支えしてきたとして、  打ち切りは避けたい考え。09年度の税制改正に向けて今年8月末に提出する税制改正要望に、  制度の継続と一部拡充を盛り込む。

 さらに与党にも、来年9月までに実施される総選挙を前に  「減税の打ち切りで景気減速や景気後退を加速させた」との批判を避けたい思惑がある。  自民党税調幹部は「住宅ローン減税継続は重要な検討課題だ」として  秋以降の税制改正で議論する考えだ。

 財務省も「必要な政策減税を財政を理由に打ち切るわけにはいかない」(幹部)と  制度の継続に理解を示す。ただ、住宅ローン減税の減税総額は年約8千億円。  厳しい国の財政事情を踏まえ、減税効果を見極めたうえで、規模の縮小を探る可能性もある。

引用元:平成20年8月1日・朝日新聞

今年度での住宅ローン減税打ち切りということで、土地を購入して新築する人にとって、 今年前半が土地を購入するリミットとなり、駆け込みで購入する人が大勢になった。 (建売や中古は秋がリミット)

しかし、内容は別としても延長されるのであれば、駆け込みで慌てて購入する必要もなく、 またしても、行き当たりばったりの政治に振り回されたことになる。 いい加減、場当たり的な時限措置のような政策は止めて欲しい。

住宅ローン減税、延長してもらえるのならそれに越したことはないが、 できれば期限無しの長期的なものにしてもらいたい。 税制などの要因で不動産市場に影響を与えるのは極力さけてもらいたい。 需給や社会的な要因など、ある程度、自然の流れで相場が決まるようにしてもらいたい。

この際、できれば、これから住宅ローンを組む方に加え、 今まで住宅ローンを組んだ方・今まさに返済している方までも対象にした “住宅ローン控除”を恒久的な制度として取り入れてもらいたい。

私が考える住宅ローン控除とは、単純に自宅のための 住宅ローンで支払った利息を所得控除するもの。 仮に3,000万円の年3%で年間90万円の所得控除となり、税率10%なら年9万円の減税。 (分かりやすくするための計算)

一家庭ごとの減税幅は現在の住宅ローン減税よりも少なくなるが、 当初10年間に限るという期限をなくし、 支払っている間全期間控除となれば総額は変わらないか多くなるのではないか。

これから住宅ローンを組む方≒これから不動産を購入する方だけを対象にした税制よりも、 住宅ローンを組んでいる方全体を対象にした方が、景気対策にもなるし、 ガソリンや物価の上昇に痛めつけられた家計の助けになる。

この提案は、総減税額が大きいので、絶対に採用されないとは思いますが。 ある程度の所得金額でカットする(年間所得1,000万円以上は適用外)、 優良住宅(それこそ福田総理が主導している200年住宅)のみを 対象とするということでもいいのではないかな。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ