家計・税金・保険:社会保障が自殺へと追い込む(08.04.25)

高齢者保険料、免除と知らずに? 山形の無理心中

山形市岩波で20日、無職長橋安男さん(58)が母キミ子さん(87)と 無理心中を図ったとされる事件で、安男さんは近所の人に「後期高齢者医療 制度で保険料が天引きされ、生活が大変」と話していたが、実際は今年9月まで 保険料は免除の対象で、天引きは始まっていなかったことが24日、わかった。 制度の説明が十分に伝わっていなかった可能性が高いとみられる。

保険料を徴収する山形市によると、キミ子さんは制度導入の際に用意された 激変緩和措置の対象だったという。キミ子さんは安男さんの被扶養者になっていたため、 4~9月は保険料が免除、10月~来年3月は9割軽減で、負担額は1800円だった。 その後も1年間は軽減措置の対象になる予定だった。 市は制度の仕組みなどを広報などで説明、保険料の天引き対象者には徴収の通知を 届けていたが、免除対象者には個別にその旨を知らせるなどの対応は取っていなかったという。

安男さんは心中を図った20日早朝、キミ子さんの健康状態などについて地区の 民生委員に相談。腰痛で入院していた病院から5日ほど前に退院したキミ子さんに 認知症の症状が現れ始めたと伝え、「(新制度で)保険料が上がったし、 再入院するには医療費も上がり、大変だ」と話したという。

近所の人にも、介護のために仕事を辞めた後はキミ子さんの年金を生活費にあてていて、 保険料の天引きで生活が苦しいと漏らしていた。21日には民生委員と、 新しい医療制度で入院費がどうなるか、山形市内の病院に話を聞きに行く約束をしていたという。

引用元:アサヒ・コム(2008年4月24日21時09分)

このニュースを見て、とても悲しい気分になりました。 国の社会保障が自殺へと追い込む、これじゃ、サラ金、闇金と同じじゃないか。 弱者を守る政治が追い込んだことは、それ以上かもしれない。

違法うんぬんはあっても、自殺へと追い込むことでサラ金、闇金は社会的制裁を受ける。 しかし、政治が行った場合、誰からも制御されることなく、 堂々と合法的、強制的に行うことができる。 自殺者を出すような制度が存在し適用されてもいいものなのか。

医療費の一割負担の部分はあっても、健康保険料の負担は要らないのではないか。 現役世代が負担するか、税金で賄っても。道路への税源確保で荒れていますが、 道路よりも社会保障、歳出を見直せば、後期高齢者負担分の保険料くらいは 捻出できないものでしょうか。

なお、この制度は福田政権(安倍政権も)時代に制定されたものではなく、小泉政権時代のもの。 また、この制度にしろ、貸金業者より謝金することにしろ、個々の事情があると思います。

また、5月からガゾリン税の暫定税率が復活しそうな気配でガソリン等の価格が上昇し、 この影響で広範囲の物価上昇に繋がるでしょう。 原油も上昇しており、電気・ガスも再値上げになるそうです。

総務省が発表した全国消費者物価指数も1.2%上昇しており、社会保障や税負担と重なって、 これからますます厳しい家計環境になりそうです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ