家計・税金・保険:税理士の選び方(07.05.12)

ドラマなどで弁護士に依頼するシーンがありますが、 その中で“うちは民事が専門だから”ということで断るシーンを見ることがあります。 また、不動産業界でも、賃貸または売買専門、さらに、 買う側、借りる側、売る側、貸す側に強いなどの特色があったり、 自宅または事業用が強いとか、狭い地域が強い、広域に強い、 さらに、土地に強い、マンションに強いなど、各業者により特色・強みが異なります。

これは税理士の世界でも同じことが言え、法人税・所得税が強い、資産税・相続税が強いなど、 税理士ごとに特色・強みが異なります。どの業界でも同じ業界で仕事をしているのですから、 一通り事務・業務はこなせます。

しかし、相続のための税理士を選ぶなら、相続に強い税理士を選ぶべきです。

◆ 選ぶポイント

・ 書類や資料の説明や請求がすぐにきたか
・ 相続税納税額の概算を早め(2ヶ月程度)に出してくれたか
・ 現場を実際に見て回り、質問や確認をしてくれたか
・ 不動産の知識があり、個別事情の配慮や、資料を参考にしてくれたか
・ 実務経験が多く、相続時のポイントやリスクなどを説明してくれたか

はっきり言って、これらの内容を全て、ひとつの専門職(税理士)がこなしきることはできません。 すべてをこなすスキルではなく、このポイントについて、 各専門職と連携して対応するネットワークやコーディネートができるかどうかになります。

◆ 相続に必要な専門職

・ 税理士(相続税)
・ 土地家屋調査士(土地の測量、分割、確定)
・ 司法書士(相続人の確定、不動産登記)
・ 不動産業者(不動産の評価、事情、売却)

※ 弁護士は、争いという法律の分野になります。争いがないうちに弁護士さんに頼ると、 法律的な見方が強くなり、かえって争いの方向に進むことがあります。(人間味より法的・理屈になりがち)

これらの“相続に強い”専門職を個別に探し、手配していくのは、かなり大変な作業になります。 この専門職の中から誰かを中心としてコーディネートしてもらうか、 これら全てをコーディネートする相続専門家に依頼するのがベターかもしれません。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ