家計・税金・保険:これから毎年増税かな(05.11.26)

TV、新聞などの報道では、マンションの構造計算偽造問題で、 売主・建築主・施工会社よる不正の臭いが出てきてヒートアップしてきました。 単純なミスではなく、故意による不正が必ずどこかにあるはずで、 姉歯設計士は単純に実行犯であり、黒幕である首謀者が誰なのか。 非道な手口で原価を抑え、利益を出したのがどこなのか。。

このニュースの影に隠れて存在が薄くなりがちですが、 政府税制調査会が来年度の税制を政府に提出しました。 今年度までの税制を見ると、上げるのもあり、下げるのもありと バランスを取っていましたが、来年度は、上げるのはあるが、 下げるのはないという増税そのものになりそうです。

生活に直結するところでは、定率減税の廃止でしょうか。 源泉徴収されていると実感しづらいですが、 ボディーブローのように効いてきそうです。 不動産関係では、登録免許税と不動産取得税の軽減措置が廃止されそうです。

登録免許税は、不動産登記(取引)時に支払う税金です。 税額は、単純に倍増になり、4000万円程度の一戸建ての場合、 34万円から65万円に増える。(日本経済新聞参照) 3月から4月に取引時期が変わるだけでこれだけの税額が変わりますので、 もしこの頃に取引を予定されている方はご確認を。

不動産業界などでは、廃止を阻止しようとしていますが、 おそらくダメでしょうという空気になっています。。

来年度以降も消費税率UPを控えており、増税路線は止まりそうもありません。 その前に歳出削減などの成果を見せて欲しいものです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ