家計・税金・保険:借金国家から資産を守る方法(05.07.16)

プライベートバンカー前田和彦著の 「借金国家から資産を守る方法(不動産編)」を読みました。

内容は、様々なリスクから考え、不動産は購入しない方が良い、 所有している不動産は売却した方が良いという内容です。 では、なぜそうなのか内容を見てみましょう。

[概要]

・マンションの過剰供給が地価値上がりに水を差し、不動産不況を引き起こす。 マンション業者は借金漬けで、すでに死に体。融資している金融機関も道連れ。

・少子高齢化でマーケットは縮小し、住宅需要は減少。住宅が余る。 都市が集約化され、人が住むところと住まないところに分かれる。 人口が減る国の不動産は上がらない。早めに見切りをつけるのが良い。

・大増税時代を迎え、社会保険負担の増加など、可処分所得が減少し、 家計に占める住宅ローンの割合が大きくなる。 雇用環境の変化もあり、異常なまでの長期間に渡る住宅ローンは、 金利上昇リスクも考えると危険。

・不動産投資も空室リスクや資産価値の下落などから、とても危険。 管理も大変で、業者に任せれば、むしり取られるだけ。 地域のことを知らない海外不動産投資は論外。 REITも同様で、人口減少で、賃料減少、空室率も上がり、配当は減少し、暴落する。

引用元:借金国家から資産を守る方法(不動産編)

以前より言われてきた不動産へのリスクやこれからの推察で、 内容に疑問を挟むものはないも、特段と目新しいものはないです。 本書を通して感じたのは、不動産そのもの未来も完全否定していますが、 それより前に「日本」の未来を否定していることです。

日本の未来はない=日本の不動産の未来もない。 円もダメ、日本株もダメ、資産は海外に。

私は、不動産購入そのものは否定していません。

しかし、購入する際は、
・資産価値を重視して利便性 か 資産価値は割り切る
・住宅ローンは安全な範囲で(余力を持って)
・住み替えできるように(何かの時に対応できるか)
の点を確認することが最低ラインだと思います。

そして、筆者が言うように、国は頼れない、頼れるのは自分だけを念頭に、 しっかり考えて準備をしていく必要を感じています。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ