不動産・住宅ローンのコラム一覧表

不動産購入の見識
 ・新築か中古か、戸建てかマンションか、駅からの距離か築年数か
 ・老後生活での住み替えのために
 ・競売・任意売却の対象にならないためには
 ・陸の孤島がますます増える
 ・家は消費財・必要経費として考える
 ・あなたはマンション派or戸建て派 どちらがお好みですか?!
 ・住宅購入を安心なものにするためには
 ・不動産投資家 4割が失敗を経験?
 ・劣化し始めると都心部は怖い
 ・収入も資産も細かく複数に分ける
 ・2040年に生産年齢人口が2割も減少!あなたが買おうとしているその物件は20年後でも買い手がつく物件ですか?
 ・売る、貸すを考えるなら立地が重要
 ・これからの住まい探し・検討の順番
 ・住まい探しの定石あれこれ
 ・不動産投資の儲けは賃借人からの搾取?
 ・経済合理性かライフスタイルか
 ・今だけを考える営業マン、将来を考えるのは購入者
 ・マンションはリスクで、戸建ては惨状。
 ・年末年始は耐震をテーマに実家のこれからの話をしましょう
 ・住宅購入で新築を選ぶ理由と裏で犠牲になる将来へのリスク
 ・自分の身を守るために重要なこと
 ・「どこに住みたいか」ではなく「どこに住むことが出来るのか」
 ・任意売却や競売から見る住宅購入
 ・物件選びのおかしな条件
 ・不動産購入の際に知っておきたい「スマートシュリンク」という考え方
 ・通勤時間で失うもの
 ・インスペクションから見た不動産の行く末
 ・「買う家」=「住む家」ではない?
 ・不動産取引はエージェント選びが大切
 ・予算を抑えて中古を買うのが賢い、と。
 ・建物は消費財なのか資産なのか
 ・新築、築10年、築20年、どれを買えば一番お得?
 ・2016年以降の住宅の探し方
 ・新築プレミアムをどう考えるか
 ・短い期間、少ない見学数でも失敗するわけではない
 ・二地域居住の適性診断
 ・絶対安心な建物はないという前提で
 ・下落していく住宅市場での狙い方
 ・プロを活用した住まい探し
 ・ロケーションは最優先で
 ・社会が変われば住宅スタンスも変わる
 ・時代の変化がマンションへ導く
 ・購入するもしないもハーフハーフ
 ・販売戦略に取り込まれない
 ・ババ抜きで勝つ鉄則と同じ
 ・住宅も中古で節約が人気
 ・住宅購入時に節約しないと怖い
 ・初めての購入時に将来は決まる
 ・家は将来を考えても決まらない
 ・売りやすい不動産・出口戦略
 ・住宅購入という投資
 ・不動産価格指数から見える社会の変遷と資産価値の行方
 ・住まい探しの成否をわけるポイント
 ・住まい探しでまずすべきことは
 ・消費税増税より影響が大きい金利動向
 ・老後のために自宅取得するなら
 ・購入目的に応じた考え方
 ・購入を決断するプロセス
 ・災害リスクと住まい探し
 ・住まい決定4つの要因
 ・絡み合う不動産たち
 ・生活スタイルの変化に対応する住まい
 ・持ち家80%超という驚きの結果
 ・持ち家を資産価値で考えるか否か
 ・住宅ローン減税と消費税増税の比較
 ・家を買うっていうこと
 ・損得だけで住宅購入してはいけない
 ・老後の家計(住宅)を考えたら○○
 ・後悔しない秘訣
 ・人生、割り切り。
 ・決定力を高めるために
 ・土地を買うのではなく、その土地で暮らす生活を買う
 ・間違った住宅を選択しませんように
 ・やっぱり便利がいい。
 ・購入か賃貸か、迷ったら。
 ・どこがいい?どこでもいい。
 ・不動産所有の出口戦略を見た購入
 ・自宅購入の大きな勘違い
 ・住宅購入成否の鍵はスタートにある
 ・消費税増税を住宅購入に活かすなら
 ・ポーカーの考え方を住まい探しに応用してみました
 ・震災後の住まい選探しの傾向
 ・災害に強い土地・場所選び
 ・タイプ別不動産投資物件の特徴
 ・不動産で豊かになる10年先の読み方
 ・サラリーマンは自宅を買うな
 ・買ってから泣かない街選びをヒントに
 ・埼玉大変,千葉心配
 ・2011年は住宅購入の絶好機?
 ・投資利回りで自宅(予算)を考えてみる
 ・ライフサイクルコスト
 ・家計の債務超過
 ・最適な住まいは?
 ・最適な住まい探し
 ・プラチナタウン(楡周平著)
 ・住宅購入を避けるべき3つの理由
 ・アウトレットマンションは買いか?
 ・マンション購入の新しい判断基準
 ・住生活基本法:裏の意図
 ・不動産購入と親子関係
 ・移住・住みかえ支援機構
 ・収益マイホーム
 ・埋立地
 ・リノベーション住宅
 ・理想の住まいアンケート
 ・住まい探しの心構え
 ・限界団地
 ・マンション投資のポイント
 ・建物の資産価値が認識されれば
 ・持ち家の活用
 ・地価下落時の土地購入
 ・マンションの永住性
 ・マンションのダブル高齢化問題
 ・住宅政策ターニングポイント
 ・住宅購入教育
 ・終の棲家はまちなか
 ・通勤時間と住まい
 ・マンション投資の盲点
 ・20年後にマンションは売れるのか
 ・不動産でハッピーリッチになる方法
 ・家を買うならこの2年のうちに買いなさい
 ・単身女性のマンション購入心得
 ・アセットアロケーション
 ・退職後、どこに住むか
 ・住の選択肢 多彩に
 ・長生きへ備えるために
 ・複数の家を使い分け

不動産の探し方
 ・中古住宅の買い方選び方
 ・資産価値が落ちづらい不動産とは
 ・物件情報を探す時のコツ(物件価格編)
 ・周辺環境調査を自分で行う方法!
 ・限られた条件と予算の中で 誰と一緒に家を探すかが重要
 ・不動産営業マンを味方につける!
 ・家を買おうと思ったら、まず最初にやるべきポイントと5つの行動手順
 ・ネット・サイトを信頼し過ぎると怖い
 ・単純売却・単純購入と買い換え
 ・タイプ別、不動産会社の良さ悪さ(購入編)
 ・資産価値から考えた購入
 ・初めての不動産投資は「オーナーチェンジ」がお勧め
 ・情報提供が整備されると不動産流通が変わる
 ・営業担当者への接し方と理想的な物件までの情報数
 ・現地で得られる情報は多い
 ・結婚したい、家を買いたいと発言していても進まない人
 ・取引成功の秘訣は信頼関係の構築
 ・管理組合と管理会社の役割と判断ポイント
 ・施工不良・データ偽装から身を守るために
 ・刑事ドラマでは現場100回と言われます
 ・見た目や雰囲気に惑わされない
 ・契約直前にドタキャンとなる理由
 ・直感や第一印象で決めて問題ありません
 ・オススメ情報!掘り出し物!
 ・判断ミスをしないために
 ・生活に関わることのチェックも大切です
 ・マンションの価格推移と売買のタイミング
 ・足が早い(売れ行きが良い)物件と対策
 ・立地適正化区域の内外で格差
 ・将来を考えて立地重視
 ・設備につられて失敗しないように
 ・マンション運営方法との相性
 ・災害リスクと不動産価格の関係
 ・物件の選定は直感で
 ・担当者選びがいかに大切かのお話
 ・事故物件とひとくくりにしないで
 ・不動産に絶対はない。
 ・探し始めの時期は逆算で
 ・購入VS賃貸の事例研究
 ・中古マンション見学の際に
 ・南向き信仰の善し悪し
 ・災害対策は不動産購入前に
 ・地球の自然な活動を考えながら
 ・資産価値を維持するための購入法
 ・住まい探しの選択肢
 ・二極化する地域差の住まい選び
 ・人口動態から購入を考える
 ・マンション選びの項目
 ・住まい探し成功の秘訣は担当者との関係
 ・消費税増税と建築のタイミング
 ・住宅購入の基礎知識まとめ
 ・住まい探しの準備
 ・良い物件に出会うために
 ・公共の利益(街並み)が私的(資産価値)にも有効
 ・「いい街」ってなに?
 ・土地価格を決める要素
 ・物件の早い動きに先手を打つ
 ・探す順番が違いますよ(岡目八目)
 ・現地見学のチェックポイント(外部編)
 ・「自分への質問力」が住まい探し成功の秘訣
 ・災害から逃れる最適な地形
 ・中古住宅の利点と問題点
 ・新築VS中古.マンション実例比較
 ・南向きは損をする?
 ・住宅購入のスタート
 ・マンションか、一戸建てか。
 ・実録!!マイホーム獲得コミックエッセイ「家活(イエカツ!!)」
 ・なかなか決められないケース
 ・絶対的に評価した判断
 ・土地探しのフライング
 ・中古住宅購入の秘訣
 ・準備と集中が大事です
 ・土地購入時の注意点
 ・土地のグランプリ
 ・時間地価を考えた住まい探し
 ・家を決めるタイミングは・・・
 ・あなたの駅の通信簿(首都圏)
 ・担当者とのコミュニケーション
 ・行政サービス調査
 ・買うなら、元付け?客付け?
 ・収益還元法
 ・希少性
 ・茶師に学ぶ
 ・サステナブル都市
 ・不動産広告の規制
 ・不信感を持った会社から別の会社へ
 ・担当者に「希望する物件はない」と言われた
 ・担当者を真剣にさせる「住まい探しシート」
 ・セカンドオピニオンの受け方
 ・信頼できる担当者の決めるには
 ・住まいの希望や疑問を上手に伝えるには
 ・いい不動産会社・担当者をどう見つけるか
 ・依頼してはいけない会社を見分けるには
 ・買えない人
 ・担当可能な5人枠へ
 ・地球温暖化と土地探し
 ・不動産業界版“ニワトリとたまご”
 ・独身女性のマンション購入
 ・パーソナルトレーナー活用から
 ・完璧主義?
 ・地域の個性
 ・土地・地域の見方
 ・小説から学ぶ不動産購入法
 ・地域の個性、街づくりを見て
 ・住まい探しの依頼法
 ・半円の見
 ・住まい探しに行き詰ったら
 ・木を見て森を見ず
 ・ホンネで語ろう

不動産基礎知識
 ・不動産登記法の基礎
 ・借地借家法の基礎
 ・民事執行法の目的と手続き
 ・今年の目玉は空き家特別控除とインスペクション説明の義務化
 ・今後の不動産取引では点検と保険が標準に
 ・違反建築は事故物件と同じ扱いに
 ・マンションの所有形態
 ・要除却マンションに認定されたら
 ・空き家対策特別措置法
 ・媒介契約(売却)の依頼方法
 ・物件囲い込み問題のまとめ
 ・抵当権がある取引
 ・権利証(登記識別情報通知)の受領時期
 ・判断基準は世間一般から当事者同士へ
 ・不動産評価査定総論
 ・持分がない位置指定道路
 ・仮換地と保留地
 ・土地家屋調査士の業務
 ・国土交通省の土地情報地図
 ・不動産取引の基本的な流れ
 ・役所調査に私なりの流儀がある。
 ・事故物件(告知事項あり)
 ・任意売却
 ・境界確認と越境
 ・善管注意義務
 ・仲介業者を排除して契約(抜き行為)
 ・通行権
 ・消費者契約法と不動産取引
 ・不動産の媒介依頼
 ・土地と宅地
 ・境界
 ・宅地建物取引業法
 ・戸籍の見方
 ・相続時の登記手続き
 ・マンションの値段
 ・マンションの名称
 ・筆界特定制度
 ・嫌悪施設
 ・ライフラインの供給状況について
 ・権利証(登記済証)の見方
 ・住生活基本法
 ・洪水ハザードマップ

◆重要事項説明
 ・今年の目玉は空き家特別控除とインスペクション説明の義務化
 ・重要事項説明の重み
 ・責任の押し付け合いになる土地と注文建築
 ・マンション(区分所有建物)の登記簿
 ・公拡法の届出と申し出
 ・建築物の高さ制限(高度地区、日影規制)
 ・道路と不動産評価の関係
 ・用途地域が絶対ではない
 ・市街化調整区域での建築の可能性
 ・下水道、公共下水、本下水、生放流
 ・セットバック(道路後退)
 ・第一種低層住居専用地域の兼用住宅
 ・既存不適格物件
 ・建物区分所有法
 ・住宅瑕疵担保履行法
 ・守秘義務VS告知義務
 ・宅地建物取引業保証協会
 ・建築物の接道義務
 ・用途地域
 ・宅地造成等規制法
 ・開発行為・許可
 ・土地区画整理
 ・文化財保護法
 ・都市計画
 ・風致地区
 ・建築協定、地区計画
 ・重要事項説明とは
 ・土壌汚染対策法
 ・生産緑地法
 ・農地法

◆売買契約の基本と留意点
 ・任意売却物件の売買契約留意点
 ・引渡し猶予の流れと注意点
 ・手付解約、違約解約、危険負担による解約のリスクも考慮
 ・当事者の権利と意志の確認
 ・瑕疵担保責任の取り決め
 ・売買契約の成立と内容
 ・成年後見制度を利用した居住用不動産の売却
 ・中古マンションの取引
 ・住宅ローン特約・融資利用特約
 ・情報を知らずに契約しても自己責任
 ・契約交渉の不当破棄(民法改正中間試案)
 ・手付金等の保全
 ・未完成物件の契約
 ・損害賠償と違約金
 ・建築条件付の土地契約
 ・交換契約
 ・数量指示売買(実測売買)
 ・下取り契約
 ・瑕疵担保責任とは
 ・譲渡担保
 ・共有不動産の購入
 ・買主の債務
 ・社会生活のルールである民法
 ・売買契約書の記載内容
 ・定着物と従物
 ・契約成立前の信義則
 ・制限行為能力者制度
 ・代理について
 ・不動産登記制度
 ・公図と測量図
 ・不動産のクーリングオフ
 ・なぜ登記をするのか
 ・任意売却物件
 ・公簿売買
 ・抵当権
 ・不動産の時効
 ・危険負担
 ・売主の瑕疵担保責任
 ・買戻し特約
 ・契約の履行
 ・売買契約の基本
 ・意思表示について

◆競売不動産
 ・不動産競売の概要
 ・延滞から競売、立ち退きまでの流れ
 ・お宝物件を得るための代償
 ・入札価格を決めるまでに大事なこと
 ・競売物件の購入をサポートしてくれる競売コンシェルジュとは?
 ・BITシステム(不動産競売物件情報サイト)
 ・競売不動産の物件資料
 ・競売物件の入札(申込)方法
 ・競売物件を見極める「5つのポイント」
 ・競売物件は「住宅ローン」や「不動産投資ローン」は組めるの?
 ・リスクを果敢に取りに行ってリターンを狙うか
 ・競売事件の種類と注意点
 ・不動産競売とは?
 ・ズバリ、競売物件とは何か?

不動産に関わる費用
 ・不動産を放棄することはできない
 ・火災保険(生命保険も)の加入しすぎにご注意を
 ・秋の仲介手数料・半額キャンペーン
 ・買った後の費用にご用心
 ・不動産購入の諸経費には要注意
 ・所得税の減税措置・住宅ローン控除の延長
 ・登録免許税と不動産取得税2015
 ・住宅資金贈与の特例改正
 ・今年もきました固定資産税納付書
 ・平成27年度の住宅税制改正案
 ・中古マンション購入・売却パック
 ・購入後の維持費用は余裕を持って
 ・不動産購入時の税金
 ・不動産取引と税金の注意点集
 ・消費税率引き上げ後の改定内容
 ・仲介手数料優遇2
 ・仲介手数料優遇1
 ・購入諸費用を安く抑えるコツ!
 ・不動産情報流通の仕組み
 ・解体工事費用が高くなった
 ・現金での不動産購入
 ・平成24年度住宅関連税制
 ・業者の報酬(仲介手数料)
 ・平成21年度住宅関連税制改正
 ・住み替えにおける不動産売却
 ・仲介手数料
 ・「手数料無料」ウソだった
 ・印紙税
 ・登録免許税
 ・不動産関連の所得税・住民税
 ・消費税
 ・平成19年度税制改正大綱のポイント(住宅)
 ・固定資産税と都市計画税
 ・不動産を買った後、固定資産税
 ・手付金とは
 ・不動産取得税2007
 ・平成18年度の住宅税制

不動産会社と業界
 ・大手、有名、名門という看板は当てにならない
 ・トラブルの発生を予見する力量
 ・不動産会社が信用されない理由
 ・不動産営業の現場が酷いのは報酬制度が原因
 ・不動産業者・担当者の見分け方
 ・不動産のドラマや小説にも監修を
 ・営業マンの言葉は逆に考えると正しいことが多い
 ・任意売却の相談
 ・インスペクション実施が必須化の方向へ
 ・不動産営業マンの資質
 ・東急リバブルさんのマンション売却サービスはすごい
 ・レインズ「ステータス管理機能」がスタートします
 ・大手仲介連合VSソニー・ヤフー連合の仁義なき戦い
 ・下請けいじめは永久に不滅で構造的には変わらない
 ・管理会社の情報整備と対応向上が必要
 ・営業は不要でもプロとしてのスキルは活用すべき
 ・希少性と固有性が営業を熱くさせる
 ・仲介手数料を狙う手練手管への対策
 ・ピッチャー(営業)は心理的に攻めてきます。
 ・厳禁なのに繰り返されるポスティング広告
 ・無くならない違法な捨て看板
 ・イメージ先行・先入観には要注意
 ・資格名称を変更したからと言って
 ・囲い込み問題は悪質に進化していた
 ・じっくり好条件で売りたいなら
 ・家のプロが秘密をぶっちゃける?
 ・業界内部の抗争か!?
 ・大手不動産会社の不正行為が発覚!?
 ・先送りされていく不正行為
 ・物件囲い込みの実態と対策
 ・進歩しない不動産業界
 ・常に「住宅は今が買い時」と。
 ・両手仲介を目指す手練手管
 ・資格の名称が変わるだけでは足りない
 ・家も法律も状況で見直すのは同じ
 ・売却募集おとり広告の対処法
 ・購入時こそ専任、売却時こそ一般
 ・業者買取の仕組み~早く高くは成り立たない
 ・オンライン査定から業者選定まで
 ・新しい認定資格「宅建マイスター」
 ・セールスの勢いに負けると怖い
 ・不動産流通近代化への布石
 ・海外の不動産流通システム
 ・販売活動のアリバイ作り
 ・成果のためなら人の道に反しても
 ・資産価値が高いのは購入価格も高い
 ・不動産業界への誤解
 ・レインズ
 ・不動産査定の思惑
 ・役所調査のタイミング
 ・不動産流通市場活性化フォーラム
 ・不動産流通近代化への道
 ・なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか
 ・不動産取引の問題点
 ・流通市場変革への対応
 ・不動産流通市場健全化への課題
 ・不動産売却の依頼方法
 ・悪質業者の嫌がらせ
 ・不動産取引所(案)
 ・買主側業者の悲哀
 ・こんなことが許されてもいいのか!
 ・不動産屋の免許
 ・不動産コンサルティング技能登録
 ・正義はどこにあるのか
 ・おとり広告
 ・不動産流通市場の整備
 ・あれ、こんなのあり?
 ・あまりにも酷い醜い話
 ・イタイ不動産会社
 ・売止、商談中です
 ・転職者が多いこの業界
 ・宅地建物取引主任者の設置義務
 ・売主業者の横暴
 ・不動産業者の情報操作
 ・会社の姿勢
 ・担当者の人柄が大切
 ・千三つ屋
 ・こんな人
 ・飯田産業、経常益25%減
 ・マンション完売請負人
 ・マンション管理に格付け
 ・法定講習
 ・セカンドオピニオン
 ・パワービルダーの業績
 ・営業である前に人であれ
 ・中古住宅の情報開示と業界の変化
 ・不動産会社選びは大事です
 ・マンション施工会社の名義貸し
 ・本当の「お薦め」
 ・会社の規模では判断できない
 ・後で嫌な思いをしないために
 ・たねや?タネヤ?種屋?

不動産市場と動向
 ・かなり重要な空き家問題だが、政治屋は無関心
 ・地価崩壊、これからの不動産に関わる社会問題
 ・基準地価の内容を鵜呑みにしてはならない
 ・マンションから戸建て志向への転換
 ・タワマン暴落から始まる下落連鎖
 ・相続税対策から貸家が増えても
 ・2025年に東京の不動産が大暴落するのか?
 ・不動産投資の甘い罠
 ・もう少しリアルに人口減少問題を考えてみる
 ・人手不足の売り手市場、家余りの買い手市場
 ・競売予備軍(潜在)が溜まってきているかもしれない
 ・いくら穴を埋めても水が流れ続く限り決壊は続く
 ・不動産の2022年問題、大都市部で宅地が大量発生する?!
 ・林立するタワーマンションは大丈夫?
 ・買うなら今、売るなら年明け
 ・これは押さえておきたい!~住宅・不動産に関わる、使える統計情報~
 ・買うなら今すぐ、売るなら慌てない
 ・選挙モードは閑散モード
 ・平成28年(2016年)公示地価から
 ・「所有よりも利用」が中心世代に
 ・タワーマンションの中でも選別は始まっている
 ・2016年からは中古戸建ての逆襲が始まる
 ・不動産の評価を分解してみると
 ・2016年、波乱の幕開けとなりました
 ・2016年以降の不動産市場
 ・売却せざる負えないとき、任意売却、競売のどちらがいいか。
 ・ネット時代の売り方
 ・競売件数が減少した分、任意売却物件が増加
 ・市場の流れが変わる分岐点での対応
 ・より良い条件で、売る・買う
 ・変わりゆくマンションの現状
 ・マンション傾斜事件の余波から購入売却の時期を探ると
 ・平成27年基準地価と今後の動向
 ・まずは適正価格(相場)を知ることです
 ・販売価格に80万円が多い理由
 ・所有の欲望と大量生産
 ・今年の路線価は象徴的です
 ・求める利便性が変わってきた
 ・住宅双六に揺り戻し、崩れる郊外戸建て相場
 ・乱れる不動産相場
 ・マンション価格高騰の裏では
 ・どっちが正しいの?(これからの不動産市場)
 ・不動産は外部からの影響が大きい
 ・社会の変化による不動産市場への影響
 ・同じ買うなら落ち方がゆるいとこ
 ・平成27年(2015年)公示地価
 ・特定空き家指定で相場に影響がでる?
 ・不動産でも撤退戦が重要で難しい
 ・住宅購入は危機回避対策を優先に
 ・先送り再増税時の市場動向
 ・中期的な不動産市場を四季に例えると
 ・マンション買うなら10年後を見てから
 ・郊外でのマンション購入なら
 ・投資センス次第でチャンスも
 ・低金利だけど不動産価格は伸びない訳
 ・平成26年の路線価から見えること
 ・今後の千葉県不動産市況
 ・世帯数の減少=住宅余りは短絡的
 ・2014年(平成26年)公示地価
 ・千葉県(東葛)の不動産市場動向~業者編~
 ・今は売りどきであり買いどきではない
 ・購入傾向と今後の住宅市場
 ・平成25年(2013年)基準地価
 ・五輪開催と不動産市場
 ・実際の相場はさまざま
 ・今が買い時と言われる理由
 ・好循環の投資市場の恩恵を受けるために
 ・平成25年路線価
 ・上半期の市場動向
 ・不動産相場の長期的な展望
 ・地価動向(25年第一四半期)
 ・今の好調さは心理面が大きい
 ・平成25年公示地価速報
 ・不動産投資から住宅へ価格上昇が波及する
 ・駆け込み需要期に売る!に対抗する。
 ・人気の裏側に
 ・2012年(平成24年)基準地価
 ・今年夏秋の不動産市場
 ・2012年(平成24年)路線価
 ・消費税増税の駆け込み需要と購入するタイミング
 ・地価は下落から横ばい・上昇へ
 ・2012年の公示地価
 ・千葉県、統計開始以来初の人口減!
 ・これから先の住宅価値
 ・震災後の千葉県不動産市場動向調査
 ・平成23年の基準地価動向
 ・2011年の路線価
 ・千葉県の公示地価2011
 ・中古住宅を選ぶ理由
 ・日本人と不動産
 ・10年後の残価率(減価率)を見て
 ・2010年の基準地価
 ・週間東洋経済:マンション・ゼネコン完全解明
 ・平成22年路線価
 ・2010年は、不動産の買い時か?
 ・09秋の不動産,住宅市場
 ・今、マンションを売ったらいくら?
 ・月例速報マーケットウオッチ
 ・2009年の基準地価
 ・2009年の公示地価
 ・千葉県の2009年公示地価
 ・2009年は買い時か?
 ・2009年は買い時、ただし前提あり
 ・四半期地価動向報告(国交省)
 ・住宅地ブランドの崩落
 ・不動産市況悪化時の売却
 ・悩ましい不動産下落局面
 ・不動産不況と住宅ローン減税の行方
 ・不動産業者の用地仕入れ状況
 ・値引き販売
 ・不動産は買い時!かな?
 ・市場崩落の余波
 ・2008年路線価
 ・警報:市場に強い勢力が上陸しました
 ・2008公示地価
 ・新築マンションはどうなっちゃう?
 ・不動産にもシーズンはある
 ・現場から見た不動産市況
 ・不動産相場と流通最適面積
 ・不動産は値下がりする!(江副浩正著)
 ・2007基準地価
 ・政治と不動産購入
 ・不動産市場の前兆
 ・そろそろ終焉?
 ・地価の流れ
 ・公示地価分析
 ・地域環境の影響
 ・不動産資産の最適配分
 ・2007公示地価速報
 ・マンション:価格上昇(上)
 ・マンション:価格上昇(下)
 ・不動産市場の自律的反動
 ・2007年:買い時な人は・・
 ・住宅コストの上昇
 ・基準地価:2006年
 ・行政による影響
 ・住生活基本法
 ・分譲住宅供給状況
 ・公示地価分析(東洋経済より)
 ・平成の土地改革
 ・中古マンション下落傾向へ
 ・これから5年・地価は半値に
 ・新築一戸建ての購入者動向
 ・それでもやっぱり家が欲しい
 ・新築マンションの購入者動向
 ・首都圏の人口変動推計
 ・特集不動産バブル
 ・金利と不動産価格
 ・中古住宅流通市場
 ・再開発マジック
 ・2005年路線価
 ・高層マンション契約率97%超
 ・2005年基準地価
 ・駅力で決まるマンション
 ・都心から郊外へ
 ・アメリカの住宅市況
 ・金利上昇記事を読んで

不動産売却
 ・売却の依頼から活動まで
 ・不動産売却での差別化戦略
 ・離婚による不動産売却
 ・不動産売却を受験に例えてみました
 ・相続した不動産の賢い「売り方」
 ・不動産鑑定と不動産売却査定の違い
 ・さまざまな査定評価方法の使い方
 ・不動産を売却する際の戦術
 ・一括査定サイトでの典型的な失敗例
 ・「相続不動産は共有にするな」という鉄則
 ・タイプ別、不動産会社の良さ悪さ(売却編)
 ・相続人がいなくても不動産は売れる!
 ・相続人がいなくても不動産は売れる!(困難事例編)
 ・任意売却の基本とメリット
 ・任意売却の流れ
 ・任意売却の基礎知識
 ・任意売却のタイミング
 ・任意売却の実務
 ・任意売却代金の分配
 ・住宅金融支援機構債権の任意売却
 ・相続した不動産の上手な売り方
 ・不動産処分と行方不明の相続人
 ・買っても大丈夫?任意売却とは。
 ・中古建物の価格とは?
 ・不利益を被らない売却依頼1
 ・不利益を被らない売却依頼2
 ・売主さんの瑕疵担保責任をご存知ですか?
 ・好条件での売却を実現する方法
 ・任意売却を依頼するまでの物語
 ・任意売却成功の秘訣は早期からの行動
 ・任意売却・競売のメリット・デメリット
 ・債務者から見て任意売却が絶対ではない

不動産ニュース考察
 ・負動産、死有地、ゴーストタウンから逃れるために
 ・人口減少時代の土地問題
 ・限界マンションの予兆が見えたらお住み替えを
 ・空き地・空き家が増加する現状の自己防衛策
 ・マンションの現状と未来
 ・維持するコストを考えた判断が必要
 ・新築から中古へ、不動産への配分は少なめに
 ・空き家対策が続々と出てきましたが
 ・自然災害に人工的な力で対抗しても敵わない
 ・来年、不動産市場、社会、経済と変化がありそう
 ・不動産投資を甘く見過ぎませんように
 ・民泊、外国人所有、ペット飼育の可否と資産価値
 ・検査機関が機能しない背景
 ・作業や設計が信頼できないなら結果で判断するしかない
 ・欠陥住宅は見抜けない、その後の対応が大切
 ・大手でも安心ではない、という現実から
 ・災害にはいろいろあることを忘れずに
 ・災害には対抗ではなく逃げるのみ
 ・自宅の危険度は人生に大きな影響
 ・流れるニュースが対照的すぎる
 ・東京スラム化となれば不動産大暴落
 ・老後の住処を自由に選ぶために
 ・マイナンバーと不動産取引
 ・購入後の愛情で経済的な恩恵を
 ・不動産流通・仲介もグローバル化へ
 ・空家だけではなく問題が山積
 ・住宅不動産が一人負け
 ・空き家率が30%を超えるとスラム化
 ・外国資金の流入が続いたら
 ・お金を使うことしか発想できないのは芸がない
 ・ワンパターンな住宅政策の公約
 ・これからは中古マンションの時代
 ・再増税目前で不安感がピークに
 ・再増税の駆け込み需要を前に
 ・空き家問題は自己防衛しかない
 ・空き家対策に税制のみでは不足
 ・中古住宅の価格構成には心理面が影響
 ・問題山積の宅建業法
 ・マンション難民、単純な問題ではない
 ・ソチ五輪と大雪のニュースに隠れて
 ・政府のご都合的な住宅政策
 ・住まい給付金制度で中古住宅市場が変わる
 ・消費税増税の動きと購入時期
 ・建物評価基準を変えるだけでは足りない
 ・勝ち組住宅の特徴
 ・新政権による不動産関連政策(案)
 ・政治に期待したいのは根本的な制度づくり
 ・中古住宅市場が活性化する兆し
 ・消費税増税と購入のタイミング
 ・築60年が当たり前?
 ・空き家の管理不行き届きが罰せられます
 ・液状化危険度の調べ方、地盤調査と液状化対策の方法
 ・無縁社会の正体
 ・中古住宅保険
 ・賃貸住宅の借りて保護政策
 ・不動産取引と流通の行く末
 ・ハウスメーカー倒産の被害
 ・都市計画変更の影響
 ・'09追加経済対策素案を見て
 ・年明けから次々と倒産
 ・またもマンション大手が倒産
 ・タワー型賃貸マンション
 ・不動産業界の大型倒産2008
 ・不動産会社倒産の傾向
 ・200年住宅の優遇から見た今後
 ・不動産トラブル事例データベース
 ・相次ぐ不動産関連会社の倒産
 ・200年住宅実現に向けて
 ・200年住宅に異議あり
 ・200年住宅
 ・200年住宅(続:解説)
 ・個人の自由と公共への配慮の境目
 ・中古住宅市場の取引活性化支援策
 ・景観規制
 ・欠陥住宅補償制度
 ・つくばエクスプレス開業1年
 ・タウンセキュリティー
 ・建売住宅でも耐震強度不足
 ・住宅コストの上昇
 ・東急電鉄による中古住宅販売
 ・公示地価が発表されました
 ・米国住宅市場が過熱
 ・野村ホーム解散
 ・マンションバブル?
 ・千葉県不動産ニュース
 ・マンションの構造計算書偽造
 ・ 地価上昇でマンション正念場
 ・容疑者を威圧的に攻め立てる
 ・構造計算書偽造・続編
 ・重畳的債務引き受け
 ・悪者探しでバタバタ潰れる
 ・被害者対策
 ・欠陥住宅への対策
 ・被害者救済
 ・参考人招致を見て
 ・責任追及よりも前に
 ・確信犯かな
 ・児童福祉施設の民間運営
 ・マンション業者の保険加入義務
 ・2006年公示地価
 ・分譲住宅にも保険義務化
 ・1.25出生率と不動産
 ・不動産取引価格の公表

住宅ローン基礎知識
 ・競売・任意売却の対象にならないためには
 ・住宅ローンの組みすぎは老後破産への道
 ・住宅ローン破たんとなるかどうかはスタート次第
 ・返済中の心の安定をもたらすために
 ・いざとなれば売ってチャラにできるように
 ・住宅ローン破たんにならないための設定ライン
 ・欲しい病にかかると将来重病に
 ・住宅ローンの負担は身軽な状態で
 ・ノンリコースローンは普及するか
 ・住宅ローンの回収手段
 ・老後破産にならないためには
 ・老後破産にならないための借入目安
 ・ローンがない自宅が前提の老後
 ・住宅ローン借入戦略
 ・家計を自己防衛する住居費検討法
 ・借り換え・繰り上げ返済の確認点
 ・自己資金を貯めるまで待つ?
 ・住宅ローンの選定方法
 ・住宅ローンの想定をどうするか
 ・住宅ローン、どれを選ぶ?
 ・事前審査の必要性
 ・団体信用生命保険
 ・繰り上げ返済の活用
 ・住宅ローンの基礎知識3
 ・住宅ローンの基礎知識2
 ・住宅ローンの基礎知識1
 ・住宅ローン検討、選定の基本
 ・返済負担率(年収負担率)
 ・自己資金、頭金の違い
 ・住宅ローンの審査金利
 ・親子ローン
 ・住宅ローン返済に苦しまない秘訣
 ・住宅ローンの返済マジック
 ・住宅ローンの金利タイプ
 ・住宅ローン相談プロセス
 ・変動金利のリスク
 ・リバースモーゲージを活用した老後資金
 ・投資利回りで自宅(予算)を考えてみる(住宅ローンを利用した場合)
 ・ローンサイクルコスト
 ・「借りられる金額」よりも「借りてはいけない金額」
 ・LTV(ローントゥバリュー)
 ・土地のつなぎ融資
 ・住宅ローンを借りた後のこと
 ・変動金利の利用件数さらに増加
 ・返済比率を考えるに際して
 ・借りる人の80%が変動金利
 ・土地購入時の住宅ローン
 ・住み替えの住宅ローン
 ・今と3年後の購入比較
 ・変動金利って危ない?
 ・変動金利利用者が急増!?
 ・住宅ローンはお気軽に
 ・自営業者の住宅ローン
 ・いつまでに返し終える?
 ・住宅ローンをアドバイスする人
 ・返済途中の残高計算法
 ・出た!頭金は2割!
 ・住宅ローン借り換え時の諸費用
 ・住宅ローン検討の公式集
 ・連帯保証と連帯債務の仕組み
 ・住宅ローンと相続
 ・短期固定期間終了後に・・
 ・10年固定の住宅ローン
 ・FPの活用
 ・疾病保障付き住宅ローン検証
 ・未払い利息
 ・当初優遇か全期間優遇か
 ・繰上返済
 ・金利タイプの選び方
 ・ローンの支払いと家賃の比較
 ・ボーナス返済
 ・超長期固定とフラット35
 ・団体信用生命保険
 ・繰上返済の実行方法
 ・キャンペーンの選び方
 ・保証料の払い方
 ・金利上昇リスクと固定期間
 ・売却と住宅ローン
 ・タイプ別住宅ローンの借り方
 ・住宅ローンの審査で
 ・自己資金の考え方
 ・住宅ローンの返済期間
 ・無理のない返済額
 ・借入可能額の計算方法
 ・銀行の融資可能額

住宅ローンニュースと動向
 ・カップ麺・ハンバーガーの売り上げは増加中
 ・マイナス金利の裏で住宅ローン破たん予備軍が増加している
 ・マイナス金利政策は吉と出るか凶と出るか
 ・申年は飛び跳ねる、年始から株下落に金利低下
 ・今年も超低金利で住宅ローン獲得競争激化
 ・租税三原則に反する軽減税率
 ・まだまだ続く低金利
 ・マイナンバー制度のスタート
 ・中国ショックの影響はどこまで
 ・金利も低い不動産価格も低迷し今が買い時
 ・他国のデフォルトに影響されるのか
 ・経済不安へのリスク回避策
 ・バブル期以来の株式市場連騰
 ・長期金利はこのまま上昇するのか
 ・2017年から不動産価格は下落する
 ・異常な低金利が続き感覚が麻痺
 ・アベノミクスバブル崩壊は2021年?
 ・くれぐれも本末転倒になられませんように
 ・事実上のマイナス金利でも予算は控えめに
 ・住宅ローン金利以外の差別化
 ・新年も低金利でスタートしました
 ・円安による物価高(生活苦)と消費税の「痛税感」
 ・株価が上昇しても世相は暗い
 ・住宅ローンを平均13.7年で完済!
 ・地球儀の前に日本を俯瞰して
 ・世界同時低金利でさらに低金利へ
 ・低金利だけでは力不足
 ・来年の不動産市況はどうなるのか
 ・景気の雲行きも怪しい雰囲気が
 ・好景気なのに長期金利が低迷するのはなぜ?
 ・長期金利市場の流れに不穏な空気が
 ・2014年中は低金利で推移するか
 ・長期金利は低金利のまま
 ・平成26年の住宅ローン金利予想
 ・いつ上がるのか疑心暗鬼
 ・中長期固定系で最低水準へ
 ・金利動向とリスクへの対応
 ・消費税増税正式決定時期
 ・融資獲得競争が激化
 ・長期金利が上昇した影響はここに出る
 ・住宅ローン金利の途中見直し
 ・融資上限撤廃よりもノンリコースローン普及に
 ・今秋の金利動向
 ・不透明な金利動向
 ・住宅ローン金利が上昇して家計に影響?
 ・金利やインフレに収入がついていけるか
 ・金利が急上昇するリスクは小さい
 ・住宅ローン、固定系50%を超える
 ・長期金利の低下が止まらない。
 ・日銀新総裁でどうなる
 ・国債が増え続けると
 ・2013年も読みづらい様相
 ・過去最低水準の金利
 ・金利上昇の気配なし
 ・当面、金利は横ばい気配
 ・住宅ローン金利動向をどう読む
 ・住宅ローン減税拡充案
 ・住宅ローン破綻が増加しないことを願う
 ・低金利でついついは禁物
 ・住宅ローン金利、8月さらに引き下げ
 ・月々2万円の金利保険料
 ・住宅購入はこの夏が勝負?!
 ・消費税増税と長期金利と不動産市場
 ・購入予算と資金力の低下
 ・何年ぶりかの低金利です
 ・フラット35の制度変更(平成24年4月~)
 ・住宅ローン実例(固定)
 ・フラット35Sの金利優遇について
 ・住宅ローン実例(変動)
 ・フラット35の金利優遇継続へ
 ・「被災者の住宅ローン、返済猶予中は無利子に」政権検討
 ・住宅ローン貸し出し状況
 ・金融緩和策の検討
 ・持ち家推進政策
 ・2010年の金利予想
 ・モーゲージプランナー
 ・長期金利急上昇中。
 ・09/05金利はどこまで上がる?
 ・長期金利のゆくえ
 ・住宅市場活性化策
 ・「経済危機対策」に伴う【フラット35】の拡充
 ・企業の資金繰りは大変?
 ・'09.04住宅ローン実行金利
 ・長期金利動向をどう読むか
 ・長期金利の動向
 ・フラット50
 ・「手数料無料」ウソだった
 ・08/10銀行からのメッセージ
 ・ゆとりローンって?
 ・08/08今狙い目の住宅ローンは
 ・フラット35Sの適用条件緩和
 ・長期金利動向を見て
 ・3ヶ月連続の引き上げ(08/07)
 ・金利上昇傾向はどこまで?(08/06)
 ・住宅ローン新規貸し出し減少
 ・フラット35・S(平成20年度)
 ・金利動向の潮目が変わったか?(08/05)
 ・日銀総裁人事が政局に利用されて
 ・求む、住宅所有コスト減税
 ・これからの住宅ローン借入スタイル
 ・全期間固定でも低金利だが
 ・2008年の住宅ローンと不動産市場予想
 ・利上げ前提の考えを見直し
 ・フラット20
 ・金利が下がり、借り時になるか
 ・日銀0.25%の追加利上げ決定
 ・再利上げの影響
 ・日銀、利上げするかな?
 ・千葉金利
 ・フラット35“S”
 ・変動金利引き上げへ
 ・住宅ローン金利引き下げ検討
 ・ノンリコースローン
 ・住宅ローン勧誘に公取委が警告
 ・米国利上げ休止の影響
 ・金利の動き
 ・ゆうちょ銀行の住宅ローン
 ・いよいよゼロ金利解除か
 ・どこ見てもゼロ金利解除
 ・パワーフリーズ機能
 ・ゼロ金利解除の影響
 ・預金連動型住宅ローン
 ・住宅ローン競争
 ・量的緩和解除の影響
 ・長期固定住宅ローン紹介
 ・住宅ローン金利引き上げ
 ・すまいと MONEY PLAN
 ・三井住友銀行女性向けローン
 ・量的緩和解除が決定後の予測
 ・三大疾病で返済免除
 ・医療保障付きの住宅ローン
 ・セカンドハウスローン
 ・住宅ローン獲得競争
 ・アパートローン
 ・財形住宅融資
 ・長期金利予想とローン選び
 ・リバースモーゲージ
 ・ホームエクイティローン
 ・個人向け金利じわり上昇

家計・税金・保険
 ・相続税・贈与税の基本
 ・武力衝突から家計を守るために
 ・土地や建物を売った時の税金(譲渡所得)
 ・不動産を共有しない方法とは?
 ・相続手続きはいつまでに?
 ・知ると怖い、不動産の共有。
 ・若い時から老後用の不動産を買っておくのはムリ
 ・値下がり時代にあえて購入するなら
 ・老後生活には借金なしの住宅所有が前提
 ・長期の住宅ローンで柔軟さを封じ込めないように
 ・保有効果(心理)で間違った判断にならぬよう
 ・下流老人にならないためには現役時代から対策を
 ・現役世代も高齢者世代も格差拡大
 ・良い物件を買っても大丈夫か
 ・下流老人になる要因と予防
 ・買う借りる論争にも終結の時が
 ・マイナンバーで不動産取引も捕捉される日は近い
 ・経済に不穏な気配が漂う
 ・皆さん、予算上げ過ぎ~
 ・名目金利だけではなく実質金利も
 ・富裕層優遇の税制改正
 ・こわいこわい教育費負担
 ・第二現役世代に求められる不動産
 ・所有リスクを減らすために
 ・一次相続と二次相続の違い
 ・相続税対策と相続対策の違い
 ・身も震える老後破産の恐怖
 ・活況な相続対策ビジネス
 ・資金贈与よりも資金貸与
 ・不動産売却時の税金
 ・相続発生3年以内の生前贈与の例外
 ・もうひとつの2020年(高齢化)
 ・相続税改正のポイント
 ・老後生活への自己防衛
 ・消費税増税よりも怖いのは
 ・個人信用情報
 ・資産の目減りを防ぐために
 ・円安は消費者側には辛いだけ
 ・住宅ローン減税延長案まとまる
 ・住宅ローン減税、5年延長(案)
 ・税金の基礎知識
 ・リタイア時に必要な貯蓄額は5000万円!
 ・住まいの保険
 ・夫婦共同購入の持分割合
 ・45歳からの住宅ローン
 ・住宅取得資金贈与の非課税枠を利用して負担軽減
 ・家計防衛
 ・金利が上昇しても、景気回復・収入アップだから大丈夫
 ・ファイナンシャルプランナーの役割
 ・家賃保証って大丈夫?
 ・住宅ローン相談って?
 ・年金制度のおさらいが効く
 ・相続税:平成23年度改正案
 ・帰属家賃
 ・お金が貯まる!家の買い方
 ・住宅購入環境のチェック
 ・子供手当てで住宅ローン
 ・火災保険の改定
 ・6月危機(ショック)
 ・火災保険体系の見直し
 ・老後生活を想定すると
 ・経済危機対策による住宅税制・融資制度
 ・住宅ローン減税の新制度詳細
 ・インフレとデフレ
 ・住宅ローン減税延長と入居時期
 ・土地譲渡益の非課税?
 ・住宅ローン減税・国交省方針
 ・2008年度末期限の住宅税制
 ・住宅ローン減税延長?
 ・“日本版サブプライム危機”より
 ・平成のオイルショック?
 ・インフレと金利と不動産
 ・悲しいニュース
 ・年金制度改革試算を見て
 ・住宅ローン控除と購入スケジュール
 ・値上げラッシュ
 ・基本生活費(基礎生活費)
 ・余剰生活費(生活余裕費)
 ・等価交換
 ・サラリーマンの平均年収は9年連続減少中!
 ・遺産分割
 ・鑑定評価
 ・寄与分
 ・共有
 ・遺留分
 ・ 特別受益(生前贈与と遺贈)
 ・相続税額の計算
 ・相続税計算の流れ
 ・物納
 ・相続税基礎控除
 ・相続財産の評価
 ・相続税取得費加算
 ・宅地の評価
 ・生命保険(相続)
 ・相続人の確定
 ・土地評価は税理士次第
 ・相続対策の基本
 ・税理士の選び方
 ・小規模宅地の特例
 ・資産組替
 ・2×4住宅の火災保険料
 ・家計の預金偏重是正へ
 ・火災保険のポイント
 ・ホームロイヤーの家計版。
 ・熱をためず室温快適に
 ・健康保険料率引上げへ
 ・医療費控除に人間ドック費用
 ・リゾート会員権
 ・家計のリスク資産10%超
 ・子供の学習費
 ・相続時精算課税
 ・住宅ローン破綻の現状
 ・子供の学習費調査
 ・年金までの老後資金
 ・さおだけ屋はなぜ潰れないのか
 ・光熱費の豆知識
 ・必要な金銭教育は
 ・警告!2008年破綻する家計・生き残る家計
 ・千葉県:地震保険最高料率
 ・気になる家計格差
 ・消費者物価と日銀政策
 ・所得補償保険
 ・税制改正
 ・医療制度改革
 ・財政再建と住まい
 ・借金国家から資産を守る方法
 ・これからの増税を見て
 ・国民年金徴収不能額
 ・老後への対策
 ・これから毎年増税かな
 ・資産インフレ
 ・夢と幸せを実現するお金のつくりかた

建築・建物・住宅
 ・耐震診断から耐震補強工事の流れ
 ・住宅の性能は耐震性よりも断熱性重視
 ・家にも修繕と点検の意識を日頃から
 ・それでもタワーマンションを購入する?
 ・欠陥住宅トラブルは買う人だけが被害者ではない
 ・マンションも終活を考える時代に入りました
 ・空き家が火事になったら責任は生じる?
 ・買う時よりも暮らし始めた後を考える
 ・建築施工の監理(チェック)制度が根本的な問題
 ・マンション生活の快適性は風・熱・音の性能
 ・マンション傾斜問題から考える購入
 ・家づくりは暑さ対策から
 ・大物に育てるなら天井が高い家?
 ・共用施設の必要性と管理運営
 ・さまざまなマンションタイプ
 ・時代とともに変化する住宅事情
 ・地震と同じくらい雨や風による被害想定も大切です
 ・高層マンションの低層階はどう?
 ・管理費等の滞納、住民モラル
 ・国も本気で中古住宅の後押しを始めた
 ・理想では購入者の感情を揺さぶれない
 ・戸建てが最適な期間は10年程度
 ・アパート空室問題は大家さんにも一因が
 ・維持管理をしないと大変なことに
 ・耐用年数の短さは社会の重大問題
 ・自分にピッタリの住戸はどれ?
 ・マンション価格の形成メカニズム
 ・被災しても立ち直れるための住まい方
 ・購入費用を抑えることが一番のエコ
 ・リフォーム前提での購入注意点
 ・家相からみた業界の違い
 ・ホームインスペクション(建物検査)
 ・耐震基準適合証明書で見る現実
 ・多様化する住宅の供給
 ・土地購入と新築の狭間で
 ・耐震基準適合証明書を取得する利点
 ・中古住宅の活性化へ
 ・災害リスクケアの肝
 ・二世帯住宅の計画に大切なこと
 ・目先の価格より建物のクオリティ
 ・建物の方向性を決める流れ
 ・モデルハウス見学の秘訣
 ・新浦安駅周辺被災状況
 ・いまどきの建物設備事情
 ・いまどきのマンション基礎知識
 ・マンション対決。低層VS高層。
 ・ホームインスペクション
 ・新築と中古の中間的な新中古?
 ・ハウスメーカー倒産の責任
 ・アーバンエステート倒産による被害
 ・200年住宅の認定基準案
 ・火山灰
 ・自然倒壊
 ・長期使用製品安全点検制度
 ・優良ストック住宅推進協議会
 ・工事監理
 ・建築工事費の上昇
 ・またまた建売で強度不足
 ・アスベストの一般住宅への影響
 ・頭のよくなる家
 ・地震対策
 ・都市ガス利用の優遇
 ・官民問わずに見逃し
 ・揺れやすさマップ
 ・建物も二極化の傾向
 ・耐震基準に等級が
 ・注文住宅と住宅設備動向
 ・書庫のある家
 ・建売大手でも耐震強度不足
 ・建物以外の付帯工事費用

雑記・営業
 ・サービス残業を取り締まるだけで良いこと尽くめ
 ・税務署員は持ち家率が90%以上?
 ・ブックオフオンラインとAmazonのこと
 ・「持っている」というのはこういうことを言うのか
 ・ディカフェ(カフェインレスコーヒー)の、すすめ
 ・法規制のない下でのビジネス
 ・単身世帯が増える傾向は続きます
 ・ぬる湯のススメ~街中温泉・三郷近郊編
 ・ぬる湯のススメ~街中温泉・草加川口越谷編
 ・ぬる湯のススメ~街中温泉・春日部近郊編
 ・ぬる湯のススメ~街中温泉・大宮近郊編
 ・制御できないものに手を出さない
 ・生兵法は大怪我のもと
 ・大久保佳代子さんから学ぶ住まいと資産形成
 ・移住するならどこ?
 ・初めての管理組合総会
 ・行楽時期のニュースには要注意
 ・不動産トラブルで怖いのは人間関係
 ・地球の歴史と気候変化
 ・半端な知識で動くと損することに
 ・憧れの高層タワーマンション生活
 ・常磐線東京駅乗り入れで影響が出るか
 ・団地、SNS、シェアハウス、みな繋がり
 ・政治家が無関心な住宅の課題
 ・ちょうどいい「とかいなか」
 ・自宅に大きく賭けるリスク
 ・時代が変われば不動産の流れも変わる
 ・わたしと夫の失業日記~失業夫を立て直す妻の最愛&最強マネジメント
 ・iPhoneユーザーの多さに驚いた話です。
 ・ダイソーの水切りワイパーでお風呂の水滴を取る
 ・KUSMI TEA/クスミティー
 ・とうもろこしカッター
 ・購入も結婚も、その後が大事
 ・不動産と沿線の肝を握るのは鉄道
 ・ソチ五輪と大雪のニュースに隠れて
 ・キティ泡立つシャボンネットなど
 ・住宅購入にも時代の流れ
 ・2013夏の温泉
 ・不動産売買の諸費用が軽減できれば
 ・公立・私立拮抗の千葉県
 ・アドバイスはどこまでいってもアドバイス
 ・マンション買うなら私はこう
 ・待機児童と高層マンション
 ・老後も現役時も暮らしやすい街
 ・グーンと便利に?北総鉄道ダイヤ改正
 ・地価が下がりづらい地域を探す方法
 ・街づくりの時間
 ・子供のためにはお金がかかる。
 ・交通利便性の落とし穴
 ・将来の危機に自己防衛
 ・優柔不断でもいいじゃないか。
 ・朱に交われば赤くなる(子供の教育環境)
 ・一生に3回、家を買う、これが新常識らしい
 ・教育費の増加に日々おびえています
 ・家庭用ウォーターサーバー
 ・東日本大震災被害・千葉
 ・ワケあり物件
 ・シェア
 ・守谷市の幼稚園,小学校,中学校の児童,生徒数推移を見て
 ・茨城県と守谷市の世代別人口動態の比較結果
 ・おうちでエステ
 ・バリのスイーツ
 ・是非読んで欲しい!オススメ本
 ・住まいの付加価値
 ・草食系男子の住まい探し
 ・インビジブル・ファミリー(見えざる家族)
 ・いつの間にか1ドル100円に・・・
 ・おや、株価大幅高?
 ・つくばエクスプレスダイヤ改正
 ・保証人代行システムとは
 ・つくばエクスプレス沿線の現状
 ・福田総理の功績
 ・地理離れ
 ・在宅勤務の可能性
 ・文化財の保護と負担
 ・深夜帰宅の足
 ・混雑率と始発駅
 ・有料通勤特急
 ・学校の評判
 ・かわいそうなぐらい苦労しているんですよ
 ・あがり症、克服できるか
 ・隣人による不動産価値下落
 ・不動産仲介業者の存在意義
 ・松戸市と千葉県の職員
 ・時刻表に強い人は不動産にも強い
 ・いつもと違う12月
 ・相続プラザ
 ・亀田一家ばかりで
 ・マンションの怖さがここに
 ・やっぱり違うのかな。
 ・ちょっと反省
 ・実名(商品名)が小説に登場
 ・NHKの取材を受けてしまいました
 ・司法書士への依頼で
 ・不動産屋サミット?
 ・生前測量
 ・相続人と被相続人
 ・遺言
 ・相続人になれないのは
 ・法定相続分
 ・相続財産
 ・代襲相続
 ・相続の仕方
 ・養子縁組
 ・駅前保育所の設置が増加
 ・公正証書遺言
 ・相続と不動産
 ・急行VS快速
 ・二世帯同居実例
 ・二世帯同居VS二世帯住宅
 ・通勤電車事情
 ・小中学校の第三者評価
 ・夏バテ解消で快適生活
 ・もうすぐ防災の日
 ・日曜日が終わろうとしています
 ・食中毒の予防
 ・流星ワゴン
 ・地理族
 ・相続税100%
 ・マンションのベランダトラブル



仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ