鎌ケ谷市:平成27年(2015年)公示地価(15.03.20)

2015年(平成27年)公示地価が、国土交通省より発表されました。

≪国土交通省が発表した住宅地の概要≫

全国平均では、住宅地が下落率は縮小し、商業地は横ばい(0.0%)に転換。三大都市圏平均では、住宅地、商業地ともに上昇を継続。また、地方圏平均では、住宅地、商業地ともに下落率縮小。都道府県地価調査(7月1日時点の調査)との共通地点で半年毎の地価動向をみると、全国の住宅地は前半0.3%の上昇、後半は0.2%の上昇。また、商業地は前半・後半ともに0.5%の上昇。上昇地点数の割合は、三大都市圏では、住宅地の5割弱の地点が上昇、商業地の7割弱の地点が上昇。一方、地方圏では住宅地、商業地ともに上昇地点及び横ばい地点は増加しているが、依然として7割弱の地点が下落。

緩やかな景気回復基調が続く中、低金利及び住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支え、株価上昇による資産効果や相続対策による共同住宅等への需要等もあって、下落率縮小又は上昇の継続が見られる。東京圏は、上昇地点の割合はやや減少しているが、依然半数以上の地点が上昇している。また、上昇率は昨年より小さくなったが、2年連続上昇となった。なお、半年毎の地価動向をみると前半0.5%、後半0.4%の上昇となった。

※公示地価:「公示価格とはかたよらない価格です」土地は、取引する人によっていろいろな事情や動機があることが多く、取引価格もこのような事情や動機で左右されがちですが、公示価格は、それぞれの特殊な事情などが取り除かれた、自由な取引において通常成立すると考えられる1平方メートル当たりの価格を示しています。「公示価格は更地評価です」建物の古さの違いや建築費用の違いといったいろいろな特徴が反映された価格は、それぞれの比較がとても複雑で難しくなります。したがって、土地の本来の価値を示すため、建物が建っている現在の土地ではなく、更地としての評価をします。

平成27年3月:国土交通省土地・水資源局
≪鎌ケ谷市の公示地価≫

・鎌ケ谷市くぬぎ山4-4-10-8:84,000(84,000)100.00%-
・鎌ケ谷市鎌ケ谷2-18-48:81,000(81,000)100.00%-
・鎌ケ谷市鎌ケ谷3-1-1:121,000(121,000)100.00%-
・鎌ケ谷市鎌ケ谷5-10-14:79,500(78,900)100.76%△
・鎌ケ谷市軽井沢字落山1996番20:39,000(39,000)100.00%-
・鎌ケ谷市初富本町1-12-8:112,000(107,000)104.67%△
・鎌ケ谷市中佐津間2-14-3-8:62,000(64,000)96.88%▼
・鎌ケ谷市東初富5-5-54:82,600(82,600)100.00%-
・鎌ケ谷市東初富6-6-12:101,000(101,000)100.00%-
・鎌ケ谷市東道野辺5-3-21-5:85,900(85,900)100.00%-
・鎌ケ谷市東道野辺7-18-26:79,100(79,100)100.00%-
・鎌ケ谷市道野辺中央4-5-18:103,000(99,000)104.04%△
・鎌ケ谷市道野辺本町2-1-9:195,000(195,000)100.00%-
・鎌ケ谷市南初富2-13-2:91,000(91,000)100.00%-
・鎌ケ谷市富岡1-8-37:99,000(99,000)100.00%-
・鎌ケ谷市富岡1-9-28:123,000(123,000)100.00%-
・鎌ケ谷市北中沢2-4-51:88,600(88,600)100.00%-

※単位:円/1平米、()内は2014年、最右指数は対前年比

鎌ケ谷市では、1地点のみの下落に留まり、ほぼ横ばい傾向、交通利便性が高い地域では上昇した。新鎌ヶ谷地域の地点がないが、もし調査対象であれば大幅に上昇した結果になったであろう。成田スカイアクセスの開通、各方面への交通利便性が高いことと生活利便性のバランスが評価された(元が安かったとも)。ただし、潜在的な地域の力には懸念もあり、今後もこの傾向が続くかは疑問視される。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ