プレシーク:市川市の地域情報

千葉県北西部、東京都の都県境に位置し、文教・住宅都市として発展。面積約57.40平方km。平成25年1月31日現在の人口468,442人(千葉県4番目)。北部は標高20m程度の台地、南部は標高2m程度の低地帯を形成されている。

地域は大きく二つに区分され、南部は住宅地と商業地。北部は、山林や農地も多く残る農地と住宅地との混在地。国府台地区は多くの学校が集まる文教地区。南北朝以前より見える地名。古くは市河村と書かれた。江戸川の渡河点にあたり交通の要所で国府の地(国府台)となる。市川町、八幡町、中山町、国分村が合併して市川市が誕生。

市の名前をつけた市川駅が都県境近くにあるが、市の中心は隣の本八幡駅。市川駅と本八幡駅は一体となって発展しており、沿線北側の住宅地は評判が高い。真間周辺は緑、紅葉の名所として文化人に好まれ、その名残から閑静な住宅地として評価が高い。今も残る松の木などの雰囲気と高所得者層が多いことから、高級住宅地と言われている。しかし、道路事情は悪く、車社会の現在は使いづらい反面も。

総武線・京成線沿線の南側は平坦な地形から広く住宅地と商業地として開発されている。近年、ベイエリアへの注目から東西線沿線が発展、市川市中心部よりも浦安市との関係が強い。

北部は、緩やかな起伏の台地面に、近郊農業地と住宅地が混在しており、総武線へのバス網と、東西に北総鉄道、南北に武蔵野線が走る鉄道が交通手段。市川市の特徴である教育と住環境を意識した街づくりが反映されている。

隣接市:松戸市、船橋市、鎌ケ谷市、浦安市、東京都江戸川区

市川市:生活情報

生活情報 市内のイベント情報,商業施設,飲食店など、
 生活にまつわる話題をピックアップ。
 女性スタッフによる主婦目線から掲載。

市川市:地域考察

地域考察 所在地(住所)ごとに、
 地域の生活や不動産状況について考察。
 教育施設,商業施設,近隣施設などの
 生活情報や公示地価,マンションなどの
 不動産情報を掲載。

市川市:教育情報

教育情報 市内の小学校・中学校・幼稚園・保育園の紹介。
 学校教育情報のニュースを掲載。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ