2008年路線価(08.07.01)

路線価とは、道路に面した土地の評価額(1/1現在)で、
相続税や贈与税の算定基準になる価格。
公示地価は地価動向のため国土交通省が管轄であるのに対し、
税金のために評価するため国税庁の管轄。公示地価の8割が目安と言われる。

実際の不動産市場との一致性は差し置いて、
公示地価が実勢価格を示すということになっていることから、
路線価を0.8で割り返してあげれば実際の土地評価に近づく。
(それでも少し安めになる傾向がある)

道路ごとに評価額を出すため、ほとんどの土地の評価額を算出することができる点が、
基準点のみの公示地価よりも優れている。ただし、道路方位などの諸条件を考慮せず、
同じ道路に接すれば同じ評価となることから補正が必要。

この路線価が本日(7/1)が発表されたのですが、新聞記事などによると、
伸び率が低下したものの3年連続上昇したとのこと。
細かい数字を検証したわけではありませんが、公示地価も含め、
公的な地価評価は、およそ1年遅れていると思われる。

発表された内容から逆算してみれば
“昨年の同時期に地価上昇は続いたもののピークを迎えた”ということになる。
弊社がある千葉県は浦安や市川などの都心隣接地以外は急上昇したわけでもないので、
地価が下落した実感は小さいが、都内では地価の下落を如実に感じると
不動産業者や鑑定士から聞かされることが多い。

地価というのは土地の価額(当たり前か)なので、土地や一戸建ての方が影響がありそうだが、
ここ半年のニュースを見ていると、マンション分譲会社の方が影響が出ているように思える。
(大手の大京やダイヤ建設が在庫値下げ処分を決めたなど)

建築資材の高騰に加え、地価の上昇が用地仕入れ費用を上昇させ、販売価格の上昇に繋がった。
これに景気後退と物価や金利上昇による家計負担の増加による購買力の低下が重なり、
販売不振に陥った。

このような市場や景気などの経済的な要素が主因であるが、
副因には人口の減少、住宅ストックの増加(家余り)という社会的な要因がある。
そして、この社会的な要因は経済的な要因以上に長く、ボディーブローのように効いてくるはず。

経済的な要因なら耐え忍んで、また日が昇るのを待つという手もあるだろうが、
社会的な要因を考えれば、分譲事業は終焉を迎えているのであり、
ストックを生かした中古市場が主役になる時代が幕開けしたのではないかと、
この地価下落を見て感じている。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ