千葉県を震源地とした地震発生(05.07.24)

昨日の午後4時半ごろ、千葉県市原市を震源地とした地震が発生しました。
震度は、東京都足立区で5強、東京湾沿いの船橋、市川、浦安、東京23区、
横浜、川崎などで5弱を記録しました。

私が不思議に思ったのは、震源地から近い千葉市が震度4、
もっと近い東金市で震度3なのにも関わらず、
距離が離れた東京都足立区で震度5強を記録したことです。
通常、震源地に近い所の震度が強くて、距離が離れるにつれ弱くなると思っておりましたが、
今回の地震では、距離とは関係なく震度の強弱に違いが出たことです。

専門家ではありませんので、はっきりしたことを言うことは出来ませんが、
私の推測では、地盤の影響なのかなと思っております。距離が離れているのにも
関わらず震度が強かったのは、海沿いや川の堆積による地域で、
一般的に地盤が弱いと言われている地域です。

今回の地震が、直接大震災のような地震へ結びつくようなことはないと
新聞記事には書いてありましたが、もし、大震災が起きた時は、
今回と同じように地盤の強弱により、被害に影響が出るのかもしれません。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ